さゆりファームについて

さゆりファームの「こだわり」

 

固定種・在来種の種で自家採種

さゆりファームでは基本、古くから日本で栽培されてきた固定種や在来種といわれる品種の種をまきます。

固定種の野菜は、形質や生育がバラバラですが、作物本来の香り・味がしっかりとしていて、自家採種もできます。

自家採種とは、育った野菜の中で生育が良く、病害虫に強く、姿形の良いものから種を採種することです。

手間がかかるので、全部の野菜はできませんが、できるだけ採種するようにしています。

自家採種した種は、作物の生命力を引き出すことができ、その土地・気候に適応した強い野菜が育ちます。

それとは別に、F1種(1代交配種)は形質良く、収量も多い、効率のよい品種で、通常スーパーで売られている野菜は、ほとんどがF1種です。

F1種は、種をまくまでに土壌消毒、元肥、追肥、殺虫剤、殺菌剤、除草剤などの散布が必要で、手間が掛かるうえ、自家採種できません。

固定種からF1種に代わったのは、昭和40年代といわれています。ちょうど、私が生まれた頃です。

私の世代より若い人たちは、F1種の野菜で育ったといっても過言ではありません。

F1種は、全国で同じ味を提供するファミリーレストランやコンビニエンスストアには都合のよい野菜です。

個性豊かな固定種の野菜では味を均一にできないからです。

私は、人と同じように、いろんな味があっていいのではないかと思うのです。

黄緑色の腐らず枯れる野菜

さゆりファームの野菜は、濃い緑色にならず、明るい緑=黄緑色です。

濃い緑色の野菜、腐って溶ける野菜は、余分なもの(農薬や肥料)を吸収しているためです。

自然に負荷のかかっていない環境で育った野菜は、腐らずに枯れます。

農業は人づくり

さゆりファームの農業は土づくりから始まって、種をまいて、種が育つように環境を整備します。

虫や鳥に食べられたり、鹿や猪に荒らされるとへこんでしまう。

「元気に育ってくださいね。」という愛情が生まれます。

人も生きていてうまくいかないことがあります。

自然と向き合う農業は、傷ついた心の傷を癒してくれて元気を与えてくれると信じています。

つくる人も食べる人も、はい、笑顔。

愛情をかけるがサッパリと

大切に育てますが、あまり大切にし過ぎないよう、想いをのせないよう、植物が心地よく育つ環境を与えられるように注意しています。

流れを大切に

さゆりファームでは、水の流れ、人の流れ、作業の流れ。自然や携わる人のエネルギーがうまく循環できるように、それらのエネルギーをしっかりと吸収した作物が育つように心掛けています。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA